FC2ブログ

iBUFFALO スピーカーシステム 2.0ch

お久しぶりです
iBUFFALO スピーカーシステム 2.0ch を買って一ヶ月程たったので感想
http://buffalo-kokuyo.jp/products/multimedia/speaker/wood/bssp10/
今までパソコン用?のアンプ内臓スピーカーを使ってたんですけど、何せ使い勝手が悪い
大体スピーカーにボリュームやスイッチが付いてて、それで音量調節しないといけないので
どうしても手の届く範囲にスピーカーを置かなければいけない
ウーファー付のスピーカー3.1chの商品ですが、これがまた使いにくい
リモコンで操作できる製品ならば良いが、大体ウーファーにスイッチが付いていて、めちゃくちゃ使いにくい
ウーファーって、基本的に大きいので机の上に置けない状況が多いし、一々スイッチ類を操作するのがめんどくさい

自分の理想としては、手元で操作できる、好きなスピーカーを付けれる物
これってアンプしかなくない?って事で探してみたのですが、「高い!」
アンプってオーディオ製品なので、めっちゃ高い…
そんなに音質にこだわらないし…
いや常にノイズ乗ってたりするのは無理ですけど、音がまともに出れば良いって事で
検索ワードで「小型アンプ」とか「アンプ オーディオ」とかで調べまくり
この製品に辿り着きました。
価格も4千円台!
この製品にはコンポなどのオーディオが取り付けられるように、赤と黒の入力端子部分がついてるし
サイズも小さそう、それに音質いじれるスイッチが付いている
値段も安いし買ってみることにしました。


全然期待してなかったんですけどね!(本当は届くまでワクワクドキドキ)
届いてさっそく設置
イヤホンジャックと本体をつなぐ、スピーカーの配線をする、電源コードを挿す
これだけなので簡単です。
付属しているスピーカーは980円で売っているPCスピーカー並みの物で期待してはいけません
なので自分が持っている、コンポのスピーカーを取り付けてみると、すげー良い音!
すげー良い音といってもコンポの音ですね
ですが、自分的にはすごく満足
今までクリエイティブの6千円くらいの3.1chスピーカーを使っていたのですが、比較にならないほど
低音もしっかりと出ます
BBEだかってスイッチを押せばドンドンってでます
この辺はスピーカーの質で変わると思いますが。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : PC周辺機器
ジャンル : コンピュータ

PC用ワンセグチューナーを買ってみた

パソコンでKeyHoleを使ってテレビを見てたのですが、カクカクになったり動画が止まったり音声と映像が合ってなかったりと限界を感じてきたのでワンセグチューナーを買おうと決めました(テレビ置く場所ありません!)

ネット環境さえあればでパソコンでテレビが見れるKeyHoleの紹介
          ↓
http://barubari.blog116.fc2.com/blog-entry-76.html

ワンセグでテレビを!!って事でとりあえずワンセグって結局なんなの?って思い調べてみました
調べてみたところワンセグとは携帯電話向け地上デジタル放送の事
携帯電話向けなので、解像度は320×240(または320×180)ピクセル
大きい画面で見ようとすると引き伸ばされるので画質が荒くなります
もっと詳しく知りたいのであればワンセグで検索してみてね☆ミ


そんなこんなで、色々とワンセグチューナーを調べてみたのですが、なかなか良いのが見つかりません
携帯のワンセグでは見れる場所なのにパソコンでは見られないとか商品によってあるようでした
それに自分の家でワンセグが見られるのかもわからない・・・


評判では電波の感度が良い・付属ソフトが良いと書いてあったので
ダメもとで安くて評判の良い商品を購入してみました

K-ONESEG/V2/U2

2280円

結果を先に言いますと買ってよかったです
最初にスキャンをしチャンネル受信をします
ワンセグチューナーを調べていると、窓のそばにアンテナを設置したり電波が良い場所を探したりするそうなのですが、この商品を使っての私の環境ではパソコンの上にアンテナを適当に置いてやったら全チャンネル一発で受信できました


パソコンの解像度が1920×1080の環境でフルスクリーンにするとかなり画質は荒くなります
離れて見れば見れる範囲?(良いテレビをあんまり見たことないからかもしれません)
目の前で見るのは無理がある画質
フルスクリーンはあまりおすすめできません
どれくらいの画質かというとKeyHoleよりは全然良いです
youtubeで探したら違う商品ですがワンセグがありましたので貼っときます

これよりは少し大きめの映像で見れました

K-ONESEG/V2/U2ですが付属のソフトで録画もでき軽快に動作しました
番組表も見れるので何時にどの番組がはいるかわかります
もちろん番組表から録画も可能です
これで時間的に見れなかった番組が見れる!!
パソコンでテレビ見てみたいという人にはおすすめです
安いですしね

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

グラフィックカードとかグラボとかってなんなの?っていうお話

パソコンでゲームをやるとグラフィックボードとかグラフィックカードという言葉を耳にすると思います
グラフィックカードと呼ぶのが正しいんでしたっけ?すいません忘れました
K0000037705.jpg
ASUS EN9800GT/HTDP/512MD3/R2 (PCIExp 512MB)

値段は高いものは企業用に販売されている物で何十万円するもの
ゲーム用のハイエンドのもので10万以上
安いものだと数千円の物まで様々です

そこでグラボってなんですか?っていう事ですが
グラフィックメモリという専用のメモリを備えており
そのメモリからグラフィック処理のチップで複雑な3D表示を高速に演算しディスプレイに描写するパーツ


グラフィックチップはCPUに対してGPUと呼ばれています
※ちなみにわたくしはnVIDIAの知識しかほぼないのでnVIDIAメインで書きます

GF9800GTなどと表記されていますが
9000のとこの数字が大きいほうが新しいモデルで
800の部分が大きいほうが性能がよい
末尾のGTの意味なんですが、これも性能を表します
Ultra>GTX> GTS> GT > GS
ちょっとっていうか、かなりややこしいですね

去年あたりからGeForce GTX200 シリーズがでたので私もよくわからなくなってきました


オンラインゲームをするくらいなら1万円程度の物で十分です
高負荷なゲームでも設定を下げればいける
そのうちオススメのグラフィックカードを紹介していきます

ほとんどのマザーボードにはチップセットで備わっており
ネットを楽しんだり動画を見る程度の使い方であれば必須のパーツではありません

サウンドカードというのもありますが、これも必須ではなくマザーボードに搭載されている事が多い
パソコンから音でますからね
これについてはまた今度書きます
グラフィックカードに限らずマザーボードに搭載されている機能をオンボードというらしい

グラフィックカードは簡単にいうと3Dを計算してモニターに写してくれるパーツ

現在はPCI Express×16に挿すグラフィックカードがほとんどです
PCI Express×16ってなんぞ?ってなると思いますが
これはスロットの形状の種類みたいなものだと考えてください
この形状が合わないと取り付けできないです

マザーボードの説明書かメーカーパソコンならそのパソコンのスペックを調べるとPCI Express×16って書いてあるので、そこが空いていれば取り付けできます
そこにすでにグラフィックカードが挿さっていても取り替える事ができます

ここで注意なのですがグラフィックカードはPCI Express×16があれば挿せるというわけではありません
グラフィックカードには本体の大きさがありパソコンのケースが小さすぎたりすると取り付けできない
05800811214.jpg
ロープロファイルというケースやぱっと見で小さいケース
だからと言ってグラフィックカードを取り付けできないというわけではありません
小さすぎるケースの場合はダメだと思いますが
上のようなロープロファイルのケースには数は少ないのですがロープロファイル用のグラフィックカードがあります

K0000002452.jpg
LEADTEK WinFast PX9500 GT Low profileモデル (PCIExp 512MB)

こんなやつです、でもグラフィックカードの長さでも入るかどうかは変わってくるので、その辺は自分のケースを調べてください

PCI Express×16があってケースの大きさが合うからと言って取り付けできるというわけではありません
電源の大きさも関係ありますがグラフィックカードの説明とは違ってくるので、電源はまたの機会に紹介します

おすすめのゲーミングマウス Logicool MX518の紹介

ロジクール MX518 パフォーマンス オプティカルマウス
ロジクール MX518

8ボタンマウスです
サイドボタンにキーボードのボタンを割り当てる事ができるので
FPSなどでCTRLに座るモーションが割り当てられている事が多いですが
それがマウスでできる


ボタン割り当てはドライバで簡単に設定できます
mx 518ドライバ
画像をクリックで拡大

私も使用していますが、3000円以下で買えるゲーミングマウスの中では一番性能が良いと思います
評判もかなりいい
マウス本体の見た目も、ゲームやります!という感じには見えないのがいいかもしれません
使い心地も良いのでゲームだけではなく普段の使用でも使いやすい



こちらのマウスも人気があります

マウス本体の重さを調整できるタイプになります

ロジクールのマウスはこれだけじゃないので、また機会があれば他の製品も紹介していきます


メモリとは?メモリって結局なんなの?

メモリの正式名称はmemory moduleといいRAMチップを一まとめにしパソコンにつけるパーツです

メモリ


CPUのプログラムやデータをメモリ上に展開し処理を行う
アプリケーションを起動する際はメインメモリにCPUがデータを展開し処理を行います
簡単にいうとCPUは頭脳、メモリは作業台


メモリには両面にチップがついているものと片面についているもの、ノートパソコン用のもので大きく見た目が違います

すごい適当に分けるとDDR・DDR2・DDR3の種類があり数字が大きいほど転送速度が速くなる
この三種類にもそれぞれ転送速度が違うものがありますが、それは省きます

マザーボードによって対応したメモリがあり
最新のパソコンでなければ、ほとんどDDR2で同じ規格のメモリを二枚挿す事によって
仮想的に一枚として認識させ転送速度を二倍にする技術、デュアルチャンネルという機能がついています


メモリはDDRだと増設してもあまり効果が期待できないかもしれません

Core i7はDDR3を使いトリプルチャンネルで動作
今後マザーボードの規格もかわりDDR3に移行すると思います

メモリはできるだけ最大まで積みましょう
今パソコンが重くて困っている方は、たぶん?大体DDR2だと思います
DDR2のメモリは2G二枚組みで安いので7千円く程度

よくわからない方はメーカーパソコンならパソコンの型番などをメモしパソコンショップに相談するのがいいと思います
メモリの交換はパソコンのパーツ交換の中でもっとも簡単ですが

自分で交換できないのであればパソコンショップで取り付けてもらえるかもしれません
工賃とられると思いますが・・・・・

交換する際は静電気に注意しましょう
手を洗って静電気を水で逃がしたりゴム手袋をする

※XP・Vistaの32ビット版のOSではメモリ3G程度の認識までになっています
※相性問題などがあるのでよくわからない人は自分でやらずパソコンショップに相談しましょう
※パソコンパーツの交換などは自己責任で!

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
FEZブログランキング
FEZ・ブログ
最新の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード